学資保険比較!失敗しない学資保険の選び方とは

学資保険に求める3つのポイント

学資一時金や学資年金が定期的に受け取れる保険がいい

高校入学時は何かと物入り。一時金の受け取りができる学資保険はとても便利です。

累計払込保険料より受取額が大きい貯蓄型なら嬉しい

元本割れ・掛け捨て保険料がある学資保険なら加入の意味なし。支払った保険料に上乗せして手元に戻るとお得!

親の万が一にも対応できる学資保険は必須!

保険料支払い中に契約者である保護者の三大疾病や死亡等万一の時には払い込み完了、満期に学資が受け取れる保険はもはや当たり前

人気の学資保険を比較した結果はこちら

「学資保険」は、子どもの教育費にまつわる費用を補助する目的で存在しています。教育資金として積み立てることができ、満期日や設定した期日応当日に満期保険金もしくは一時給付金が給付される仕組みです。さて、みなさんは子どもの「学資保険」をしっかり考えていますか?今や大学・短大・専門学校を卒業することは当たり前となりつつあります。大学4年間の学費を工面する、高校卒業後の生活資金を今からつくっておくという意味合いも込めてしっかり考えていきましょう。


「学資は預貯金として積み立てておけばいい話」とは言われますが、学資保険が成り立つ意味があることにも着目しましょう。子どもの死亡時には、死亡給付金を受け取ることができます。また、契約者である保護者の死亡時や悪性進出物と診断を受けたとき等、その時点で払い込みが免除されますが、満期時には学資として約束された額が支払われます。この契約者の「万が一」に備えた保険であることを覚えて置くとよいでしょう。


妊娠が分かった、無事に子どもが誕生して子育てに気持ちを引き締めている親御さんたちは、学資保険のこともしっかり検討する必要があります。低金利時代、物価高にプラスしてお受験や塾通い等の教育戦争は既に始まっています。「大学なんてまだ先の話」というのでは遅く、生まれたその瞬間から「これから先の学資」を見据えた生活をしていかなければ安心して子育てができないのです。


このサイトは、学資保険を検討中の親御さんたちに向けた「賢い選び方」を指南する応援サイトです。ここでは、どんな学資保険が一番加入しやすいのかメリットの提示や比較を踏まえて、新米パパ・ママに是非加入してほしい学資保険はこれだ!という内容でランキング形式でわかりやすくお伝えします。


学資をコツコツ貯めていきたい方、少しでも子どもに託せるお金をつくっていきたいと考えるのお役に立てれば幸いです。

私たちが加入すべき学資保険は?

保険料に対して受取率が高い保険であること

払込保険料累計額よりも多くお金を受け取れる学資保険だったらお得。これは必須条件です。

保険料の払込期間を設定できること

子どもの成長につれて出費もかさんできます。払込期間を短く設定できれば、払い込み完了後は塾や習い事にお金を遣うことができます。

受取総額を設定できる学資保険であること

医歯薬系や音大は学費以外にも大きなお金がかかります。将来を見据えた学資積み立てができる保険だったら、子どもの進路を妨げません。

お得で便利!おすすめできる学資保険はこれ!

子どもが生まれたら、目先の「子育て」も大事ですが、やはり将来のことも同時に考えていく必要があります。


・いかに子どもに豊かな暮らしを与えることができるか
・子どものために、常に最善の進路を導けるか
・子どもの夢をかなえてあげられる親でいられるか
・子どもの成長とともに成長し続けられる親でいられるか


こういったことは、漠然としたままでもいいので常に考え続けることが大切です。これは、今後のライフプランの構築にも大きく関わってきます。
夫婦のあり方や、子育て・教育の方針にも深く影響しますので、子どもが生まれたその日から考え始めるようにしましょう。
子どもの進路や、家族全体のライフプランを考える上で、真っ先に障壁となるのが「お金」のことではないでしょうか。会社員の場合、どんなにがむしゃらに働いたところで固定給から上を目指すことはできません。むしろ、がむしゃらに働き過ぎて仕事の正確さを欠いてしまったり、体を壊してしまったりでは元も子もありませんね。


マイホームが欲しい・車の買い替え・ピアノを習わせたい・おいしい物を食べ上質な生活を送りたい…。


それぞれ夢はかなうけれど、いざ子どもが成長し大学受験やその後の進路の問題に直面した時、資金がなく夢を断念せざるを得なかったというのでは、「一生の不覚」として悔やむことになるかもしれません。またその後の結婚資金等子どもが本当の意味で巣立つまでには莫大なお金がかかります。


ここでオススメしたいのが、学資保険です。中でもアフラックの「夢見るこどもの学資保険」は、管理人がこれまで検討してきた商品の中でも安心して加入できる保険でした。アフラックは生命保険で急成長を遂げた企業で安定性があります。また、がん保険などリーズナブルな価格で加入できるとして話題となりましたよね。


アフラックの「夢見る子どもの学資保険」の場合、高校入学時に給付される学資一時金に始まり、17~18歳の大学入学時には毎年、学資年金が給付されます。受取総額は払込保険料を必ず上回りますので、お得感がたっぷりですし、授業料や生活費等の足しにすることができるでしょう。


もちろん、積み立てという形になるので毎月家計の中から保険料を工面するのは大変です。ご家庭の収入状況やライフプランに応じて、受取総額の設定をすることができます。120万円コースから最高1,500万円まで、60万円単位で設定をすることができるので、子どもの将来に向けた資金作りは万全といえます。


学資に関する保険商品が成り立っているのは「万一の契約者の死亡」などに関する特別規則があるからです。子どもが大学入学を迎える前後の親世代は「病気のリスク」も高まる年代です。万一の死亡や事故・疾患による高度障害が残ったと診断された場合には保険料の払い込みが免除されます。その後学資一時金や学資年金は契約した通りに受け取ることができるので、子どもへの不安を残すことはありません。今や晩婚時代。高齢出産も当たり前の時代となりました。契約加入者の年齢に左右されない保険ですので、妊娠が分かった時点で加入を検討することをオススメします。アフラックならこういった特別規則もきちんと紹介しているので、万全の態勢で加入することができるでしょう。


私は、納得できる保険に出会えるまでカウンセリングや、資料を請求を重ねてまいりました。その中で冒頭に掲げた3つのポイントに照らし合わせ、アフラック「夢見るこどもの学資保険」、日本生命保険相互会社「ニッセイ学資保険」、JPかんぽ生命「学資保険 はじめのかんぽ」、ソニー生命「学資保険スクエア」、フコク生命「みらいのつばさ」の5つの商品を比較してみました。是非参考になさってください。

知名度が高いアフラックの学資保険なら、安定性抜群!毎月わずかな保険金で子どもの将来をしっかりサポートしてくれます。しかも100%を超える戻り率で家計も安心です。

ランキングで人気の学資保険を比較しました。

アフラック「夢見るこどもの学資保険」

総合評価
★★★★★
使いやすさ
★★★★★
掲載情報量
★★★★

ポピュラーで加入しやすい学資保険。一時金と学資年金の給付が細やかなので、教育費にまつわる突然の出費にも即対応できます。

商品詳細ページはこちら

日本生命保険相互会社「ニッセイ保険学資」

総合評価
★★★★
使いやすさ
★★★★★
掲載情報量
★★★★

進学の節目に「こども祝い金」を受け取れるコース設定もあり。契約者専用の育児相談ダイヤル完備で初めての育児に奮闘中の方でも安心。

商品詳細ページはこちら

JPかんぽ生命「学資保険 はじめのかんぽ」

総合評価
★★★★
使いやすさ
★★★★★
掲載情報量
★★★★

大学進学に関する教育費の準備から、子どものケガや入院といった医療保障を準備できるプランも網羅。「近くにある」JPかんぽ生命の商品だから加入しやすい。

商品詳細ページはこちら

ソニー生命「学資保険スクエア」

総合評価
★★★★
使いやすさ
★★★★
掲載情報量
★★★★

返礼率の高さは業界でも高水準。18歳から4年間の学資金と卒業後の満期学資金のサポートで、大学卒業後の生活費の工面も難なくクリア

商品詳細ページはこちら

フコク生命「みらいのつばさ」

総合評価
★★★★
使いやすさ
★★★★
掲載情報量
★★★★

祝い金(一時金)を受け取るタイミングはライフプランに応じて決められます。在学中の学費工面より、入学準備金捻出にオススメの学資保険。

商品詳細ページはこちら

なぜ「夢見るこどもの学資保険」がイチオシなのか?

多額な大学の入学金に対応できる

在学中の学資年金で授業料をバックアップ

受取総額の設定ができるので、進路の選択肢も増える!

学資保険の違いがわからない!アフラック以外にも良い商品があるじゃない?


学資保険の基本はどんな保険会社の商品でもほぼ横並びです。その中でアフラックをおすすめする理由は「シンプルであること」なのです。他の商品は付加価値を付けることで学資保険の差別化を図っていますね。アフラックはほぼ「付加価値」はありません。でも、他社サービスとして提供されている付加価値って、みなさんは活用できていますか?


・大学卒業後に学資年金を受け取るよりも、在学中の資金が大事
・義務教育中の一時祝い金よりも、大学入学時の資金を手厚くしてほしい
・とにかく在学中の学資年金を手厚く!


アフラックはこういった「大学在学中」の資金に着目して保障内容を掲げています。もちろん、子どもの将来の選択肢を広げるために、受取総額の設定から保険契約内容を決めることができるのも魅力ですね。大学在学中の教育費をすべて学資保険で賄うことも可能です。また、シンプルである分、払込保険料もやりくりしやすい特徴があります。加入時の子どもの年齢が若いほど、お得感が高まります。戻り率が高い保険商品ももちろん存在しています。その分だけ、満期一時金の受取が大学卒業後に設定されているといった貯蓄性を重視した商品であることが分かります。


アフラックは「お金を必要とする今」に対応してくれる学資保険を提供しています。これをベースにおいて加入検討をなさってくださいね。

アフラックの「夢見るこどもの学資保険」

私は以前保険の仕事をしていまして、FP資格を持っています。アフラックの学資保険は以前から他社の学資保険よりも返戻率が大きいというイメージがありましたが、この「夢見るこどもの学資保険」も返戻率がとても良いですね。契約者に万一のことがあった時に保険料が免除され学資金は変わりなく受け取れるという保険料免除特約が付いているところも、この返還率でなかなか同レベルの商品はないのではないでしょうか。商品名も、やわらかくてあたたかいイメージでとても良いなと感じます。アフラックの商品全般に言えることですが、商品名のチョイスが商品の内容をイメージしやすくて親切だなとつくづく感じます。

また、この「夢見るこどもの学資保険」は受け取りのタイミングも素晴らしいと感じました。たいていの他社学資保険は、小学校、中学入学、高校入学、大学入学、そしてなぜか大学卒業のタイミングでそれぞれもしくは一部分で一時金が出るというタイプが多いので、この「夢見るこどもの学資保険」のように高校入学時、大学1年、2年、3年、4年とお祝い金が出るタイプの商品は珍しいなと感じましたし、このタイミングは学費が本当にかかる時なので、親御さんにとってはありがたいタイミングですよね。こちらの商品を見たときまさにこんな商品が欲しかったと感じました。また、保険料の払い込みも時期も10歳払い済みというのがあるので、子供が小さくて一番お金のかからないうちにガンガン貯めてしまおうという一番理想的な学資準備の理にかなっていて、本当によく考えられた商品だなと感じました。

アフラックさんというと、コマーシャルの影響もあるとは思いますがガン保険のイメージが強いですよね。でも実は貯蓄型のものも強いんですよね。「夢見るこどもの学資保険」は親御さん、そしてお子さんの成長に沿った素晴らしい商品です。こちらの商品は対面販売しか行っていないようなので、ネットで簡単に入るというわけにはいきませんが、かなり考えられた良い商品だと思いますので、是非資料の請求からされてみてはいかがでしょうか。私の子供はもう学資保険はいれない年齢なので残念なのですが、小さな子供がいたら是非入りたいと思う魅力的な商品です。

公式サイトはコチラ

子供の教育費をできるだけ早くから準備

子供が生まれることは、家族だけでなく、親戚やその他周辺の人にも影響します。周りからはお祝いなどをしてもらいますが、育てていくことは大変です。まずは今の子育てが大変ですが、それだけを考えていてはいけません。子育ては、子供が成人するまで、さらに大学を卒業するまで考える必要があります。大学への進学費用はかなり掛かることなので、できるだけ早くから何らかの対応をする必要があります。そこで検討するのが学資保険です。アフラックの夢見るこどもの学資保険もよく知られている商品で、当初から選択肢の中にいれていました。この商品にはいくつかの利点があります。

通常の商品は、子供が生まれてからでないと入ることができません。でもアフラックの夢見るこどもの学資保険は、出生予定日の140日前から申し込むことができます。積立タイプの保険商品は、できるだけ早く加入した方が総支払額を抑えられる場合があります。毎月の負担も抑えられます。将来必ず必要になることが分かっているので、こちらの商品に決めました。この商品の良いところとして、契約者に万が一のことがあったときの対応があります。オプションではなく、標準で以降の保険料の払い込みが不要になります。生命保険としても使うことができる学資保険です。

給付の受け取り方も工夫がされているところが気に入りました。最もお金がかかるのは確かに大学進学です。でも今は私立の高校などに進学をすることもあります。アフラックの夢見るこどもの学資保険は、大学入学時とは別に一時金を受け取ることができます。私立高校だけでなく、塾などに通わせることも考えられますが、その時に負担を軽減することができます。この学資保険は、支払い期間の開始年齢を17歳と18歳から選べます。18歳の場合に入学時に間に合わなくなることがありますが、17歳で始める方を選択しておけば間に合わせることができます。

TOP